作る際のコツ

名刺に力を入れたいと思う方は多いと思います。その為、内容に多くのことを盛り込みたいと思う方も少なくありません。自社や自分を知ってもらいたいという強い思いが、このように、たくさんの情報を書きたいと思わせてしまうのかもしれません。しかしながら、実はこれは逆効果になりかねません。あまりに多くのものを書き込んでしまうと、窮屈感が感じられたりまとまりがないように感じられてしまったりとデメリットも少なくありません。ですから、名刺に書きこむものは吟味してあまり多くは入れない方が良いかもしれません。

名前や社名、部署や役職名などのほか、住所や連絡先などは切れた方が良いでしょう。また、どのような仕事をする会社であるのか、それを具体的に記載しても良いですし、キャッチコピーなどで表してみるのも良いでしょう。ただし、見た目も大切ですから、ごちゃごちゃしないように注意してください。あくまでも、すっきりとした印象に仕上げることが大切です。その為には、内容を盛り込みすぎないことも大切ですが、他にも文字を揃えるなどの注意もあります。また、裏面も上手に使ってアピールしてみるのも良いでしょう。もちろん、その場合もすっきりとした書き方をすることが大切です。